関目の将棋屋さん | 日記 | 立冬

ゆる~い空気とあつ~い盤面!

Top >  日記 > 立冬

関目の将棋屋さん の日記

立冬

2021.11.07

日曜日の晩です。
昨日の将棋屋さんでは、何人かのプロ棋士について、「観る将」目線の会話がありました。
そして、お休みの今日。
テレビにしろ、ケータイにしろ、その会話で名前の挙がった棋士が揃って登場していて、偶然にしちゃあスゴいなぁ、と。
やっぱり人気者は違います。

さて、古い本を並べ直していて(棋譜並べでなく、本当に本棚の並び直しです)、載っていた詰将棋を解いたりしていたら、なんと。
今よりもうんと弱かった当時に解けていた問題、そして、古い本ですから、その後何度も解いた問題。
それが解けない!
ということで、記念にその詰将棋をご紹介。
しかし、なんでわからんかったのかな?

今回の図面は『NHK将棋講座 昭和60年1月号』の「11月テレビ出題詰将棋解答」欄より。
前年の11月4日放送時に出題された詰将棋です。

立冬

日記一覧へ戻る

【PR】  しんそう 滋賀草津  竹寿司  関西工業株式会社  算数楽館  オリエンタル易占い北陸