無料ホームページなら お店のミカタ - 

関目の将棋屋さん | 日記 | 長すぎるは及ばざるが如し


MAP


大きな地図で見る

関目の将棋屋さん

WEBはこちら

MOBILEはこちら

TEL : 090-9626-5998

日記


関目の将棋屋さん 日記

TOP > 関目の将棋屋さん 日記 > 長すぎるは及ばざるが如し

長すぎるは及ばざるが如し (2021.01.10)

休みや!ということで布団を干したんですが、これだけ寒いと、な~んのおかげにもなりませんね。
かえって湿ったんと違うんちゃうか!というくらい冷たくなってしまいました。
えっ、長々と夕方までほっといたからちゃうかと?
いやまぁその通りでございます(笑)。

前回の必死問題の答え(図面は最終手▲2三歩まで)
▲3四桂
△同歩
▲2二角成
△同龍
▲2三歩
までの5手必死

問題図で「龍の利きがなかったら▲2二角成まで」ですから、▲2三桂(△同龍で受かる)や▲3五桂(詰めろになってない)が見えます。
それではダメやなぁと考えてるうちに、龍をそのままに歩をむしり取る筋(▲2二角成△同龍▲2三歩が▲2四桂の詰めろになる)が見えてきます。
これでもまだ足りないとこがあるので、ちょこちょこして…。
ということで正解手順となります。
最終図から△2三同龍としても、▲同銀成△同玉▲2二飛まで。
初手の桂捨ての効果で3四に逃げられません。

日記 一覧へ戻る


このページのトップへ

【PR】 南山裕司ギター教室OKUこども体操教室COCOSAYO SALONオレンジ運転代行全席個室居酒屋 九州和食 八州 長崎浜口店